京都の結婚式場。森のゲストハウスでSHOZANウェディング、結婚式。SHOZAN WEDDINGのトップページをご覧いただくには、Adobe社のFlash Player ver.8以上を
インストールしてください。また、JavaScriptの設定が有効であることが必要です。最新のFlash Playerは、こちらよりダウンロードください。

Get Flash Player

紫水苑 ウエディングパーティレポート

〜 美味しい料理と小鳥のさえずり 〜
紫水苑ウエディングパーティレポート

・会場を決めたポイント!

雑誌なんかで以前よりすっごく気になっていた「紫水苑」仕事でいそがしい彼に頼み込んで見学にきてみました。田舎のおばあちゃんの家のような玄関、
モダンな待合室、大きな窓のチャペルに広い日本庭園。見学に行ったときに静かさの中で突然、鶯の声が聞こえてきました。そんな会場はじめて!
私はもう一目ぼれでした・・・が彼のゲストが遠方から来られる方が多く、駅近くの会場の方がいいんじゃないか?と二人でだいぶ悩みましたが、
彼のお母さんが、「一生に一度のこと、遠くたっていいじゃない私も小鳥のさえずりが聞こえるようなところで、大事な子供たちの晴れの姿が見たいよ」
この後押しの一言で決定!

紫水苑 ウエディングパーティレポート

・ウエディングに対するこだわり・演出!

遠くから来ていただく方に喜んでもらおうと気にかけていたのはやっぱり料理でした。京懐石料理はおじいちゃん、おばあちゃんはもちろん、友達にも
大好評でした。スピーチや余興はできる限り少なくできるようプランナーさんに相談しながら決めたのがお色直し入場の時にミニこも樽を割って
各テーブルを回っていきました。その中にはおみくじが、当りの方に一言ずつインタビューしてもらいました。みんな突然でごめんなさい、ありがとう。
でもそのこも樽が大変なことに・・・大笑いしましたけど(笑)そして、愛車のラパンとレゴであしらったかわいいウェディングケーキ、女の子に喜んで
もらえる用に用意した和菓子のブッフェ、美味しそうでした私たちも食べたかった~わらびもち・・

紫水苑 ウエディングパーティレポート

・挙式当日はどんな思いでしたか

前の日、「お父さん」「お母さん」へちゃんと挨拶ができないまま、バタバタと当日を迎えてしまいました。気にはなりながらどんどんと時間は過ぎ、
花嫁姿を初めて見せたリハーサル。バージンロードを歩く練習でお父さんと腕を組んだとき、小さな声で「ありがとう!」とつぶやきましたその時に
小さくうなづいてくれたお父さん。こんな挨拶でごめんなさいと思っていました。そして挙式には「徳永家の家訓」を二人で決めてみんなに誓いました。
約束します、守りますからね。 あっという間に披露宴は終わってしまいました。楽しい時間は本当に早かったですがみんなの前で私たちの新しい
家族です。と報告できたことはきっとすごいことなんだと結婚式当日も思いましたが、今もやっぱり思ってます。

紫水苑 ウエディングパーティレポート
新郎 徳永貴哉 様 新郎 徳永貴哉様 新婦 植田真緒様
新婦 植田真緒 様
挙式スタイル 人前式
パーティ会場 ノルドコート紫水苑
時期 10月30日
人数 73名
テーマ 美味しい料理と
小鳥のさえずり

・ウエディングプランナーから一言!

学生時代からお付き合いをされていたお二人は、お若いのにあうんの呼吸で打ち合わせなどを進められていました。確かにお仕事がお忙しいご新郎様でしたが、ご友人様が作成されたムービー撮影にサプライズで参加されてご新婦様へサプライズプロポーズを決行!恥ずかしそうでしたが、目には涙が浮かんでいらっしゃいました。遠方からのゲスト様も大変喜んでいただき、「美味しかったしゆっくりさせてもらった」と私たちスタッフにまでお礼をお伝えいただいたお客様もいらっしゃり、お二人がずっと気にされていただけに、本当に感謝の想いでいっぱいになりました。折角お越しいただきましたので、さらにSHOZAN内にあります日本庭園もゆっくりと散策して楽しんでいただきました。

  • パーティレポート一覧に戻る